• 出品
  • 出品のススメ

    TWSCは賞の授与だけでなく、積極的に受賞ボトルをPRします
    また、出品者様へのサポートやサービスをご用意しています

出品はコチラ

Pickup

  • 出品者へのフィードバック
    洋酒&焼酎部門

    審査コメントのフィードバック
    無料/全出品者対象
    一次審査 では、審査時に簡単なテイスティングコメントの記入がございます。このコメントを抽出し、出品者に対して無料にて提供いたします。これは、自社が出品したアイテムのみが対象となっています。なお、どの審査員が担当したかは非公開です。
    実行委員による鑑評
    有料/希望者のみ対象
    審査コメントとは別途、ご希望の企業様向けに 実行委員会 でのディスカッションをもとにした、当該アイテムについての鑑評のご提供も可能です。製品の品質や、製造方法、販売促進等に関して参考にしていただけます。(料金は1商品につき5~10万円にて調整中)
    ※審査コメントやアイテムの鑑評はマーケティングや営業用ツールとしての使用も可能です。
    画像 画像

出品者のサポート

  • 殿堂入り
    洋酒&焼酎部門

    3年連続で金賞以上を受賞したボトルを「殿堂入り」として表彰いたします。殿堂入りした商品は、特設ページで継続的に表示し、揺るがぬ評価をPRいたします。なお、殿堂入り以降はエントリー料を割引にいたします。
  • 海外向け資料
    洋酒部門

    TWSCでは、海外向けの案内資料をご用意しております。この資料を、本国のブランド担当者や、海外のディストリビューターと出品のご相談をされる際に、ご活用いただけます。TWSC事務局までご相談ください。
  • 希少ボトルの出品ご相談ください
    洋酒部門

    基本的にエントリー時には、700mlボトルで2本(500mlボトルの場合は3本)の審査用ボトルをご送付いただいておりますが、希少ボトルや高額ボトルのエントリーに際しては、優遇措置をご用意いたします。審査ボトルのご用意がネックになってしまう場合は、お気軽にご相談ください。

受賞ボトルを積極的にPR

  • TWSCパートナーズ
    TWSCとともに酒類業界を盛り上げていく飲食店と酒販店のネットワークで、2020年7月末に募集を始め、10月末時点で約200店舗が登録済みです。300店舗登録、1,000店舗と参加店舗を増やして参ります。 画像 TWSCパートナーズ
  • TWSCガイドブックの刊行・配布
    全受賞商品を写真とともに掲載したガイドブックにて、結果を発表しています。ボトル解説、蒸留所紹介、総評や詳しい審査方法の説明、実行委員の座談会、審査員へのインタビューなどのコンテンツを充実させ、読み物としても楽しめるものに仕上げています。画像 TWSCガイドブック
  • ウイスキーガロアをはじめ、各メディアに露出
    ウイスキー専門誌『ウイスキーガロア』にてTWSCの意義や審査方法、結果とその意味が特集にて掲載されます。また、酒販業界では、酒販ニュース、季刊酒文化、月刊たるなどの各誌に、一般メディアではワールドビジネスサテライト、BSフジ、鹿児島放送、日刊スポーツなどからも取材を受けております。画像 ウイスキーガロア
  • TWSCセミナー
    TWSCの受賞ボトルをその道の第一人者とともにテイスティングを楽しむことができるセミナーです。このセミナーはTWSCの意義やテイスティング方法を一般の方々に広めるために開催しておりますが、一方で、受講者には、比較テイスティングにてより深く各商品を知る機会ともなります。画像 TWSCセミナー
  • 授賞パーティー・試飲パーティーの開催
    現在は、感染症拡大の恐れがあることから、開催不可能となっておりますが、TWSCでは一般の愛好家を対象とした試飲会を開催しております。授賞式では全ての受賞ボトルを対象として、また、試飲パーティーでは100本程度のボトルを自由に楽しめるイベントとして開催しました。画像
  • ウイスキーフェスティバル会場で特設ブース設置
    日本最大級のウイスキー・スピリッツの試飲イベント「Whisky Festival」に出展し、特別ブースでのTWSCの認知拡大を行っています。2019年度は、東京(入場者8,400名)、大阪(入場者3,200名)、長和(入場者1,500名)、清里(入場者1,500名)で無料試飲と、ガイドブックの販売などを行いました。画像 ウイスキーフェスティバル

TWSC2020 受賞率データ

  • <洋酒部門>出品本数:427本

      洋酒全体 ウイスキー スピリッツ
      本数 割合 本数 割合 本数 割合
    最高金賞 12 2.8% 8 3.5% 4 2.0%
    金賞 79 18.5% 47 20.6% 32 16.1%
    銀賞 154 36.1% 85 37.3% 69 34.7%
    銅賞 83 19.4% 39 17.1% 44 22.1%
    合計 328 76.8% 179 78.5% 149 74.9%
  • <焼酎部門>出品本数:258本

      焼酎全体 泡盛 黒糖 その他
      本数 割合 本数 割合 本数 割合 本数 割合 本数 割合 本数 割合 本数 割合
    最高金賞 15 5.8% 2 8.0% 3 5.6% 4 3.5% 3 12.5% 2 10.5% 1 4.8%
    金賞 43 16.7% 5 20.0% 9 16.7% 18 15.7% 4 16.7% 4 21.1% 3 14.3%
    銀賞 73 28.3% 7 28.0% 12 22.2% 35 30.4% 7 29.2% 6 31.6% 6 28.6%
    銅賞 87 33.7% 7 28.0% 22 40.7% 39 33.9% 7 29.2% 4 21.1% 8 38.1%
    合計 218 84.5% 21 84.0% 46 85.2% 96 83.5% 21 87.5% 16 84.2% 18 85.7%

審査員の声

  • <洋酒部門>

    • 銘柄を知って飲むとどうしても先入観があるので、普段からブラインドテイスティングは行っていました。ただ、評価をするという意味で採点をしたことはなかったので、そこが難しかったです。周りを見渡すと錚々たる審査員ばかりで、とても緊張感がありましたが、審査方法もすごく公平性があっていいなと思いました。(バーテンダー/東京都F)
    • 海外にもさまざまなスピリッツコンペはありますが、我々はその結果しか分からないので、今回日本で開催されたというのはすごく大きなことだと思います。海外のブランドに対して日本人の評価を示せるのも、とても意味のある出来事だと思いました。(バーテンダー/福岡県N)
    • 日本のハードリカーに精通している人たちが、日本の消費者のために評価をした、これがものすごく貴重なことだと思います。海外のものも「こういう狙いで造った、こういう味わいのお酒です」という宣伝文句は見ますが、日本人が飲んだ時に本当にそのとおり感じるのかというと、共感できない部分もあると思います。日本人の味覚はレベルが高く、感じる旨味や味わいのゾーンが広いので、そういう意味でも日本人がどう感じるかを示せるいい機会ですよね。(専門家/茨城県K)
    • 今回の採点基準は香り・味・総合評価の3つに大きく分かれていたので、それぞれ細分化して採点していったんですが、最終的にはこのお酒が自分のお店にあったら、どういうお客さんにどういう売り方をするだろうというのを軸に判断しました。お酒業界の人が多く集まっていましたが、製造、流通、小売り、飲食店など、それぞれの立場によってひとつの銘柄に対してもまったく違う見解があるわけですよね。でも最後に必要なのは消費者の視点だろうなと思い、お客さん目線を意識しました。(酒販店/東京都O)
    • 当店はテキーラ専門店で、350種類くらいのボトルを置いています。お客様からは「甘みがあって飲みやすいもの」とか、「スパイシーなもの」といった頼み方が多いので、普段から銘柄を見ずに飲み比べをして把握するように心がけています。でも、改めてああいう会場で、まったく情報がない状態で飲むのはすごく貴重な体験でした。今まで扱っていなかったけれど、今回とても良かった銘柄があったので、新たにお店に置くようにしました。こういう機会を通して他の審査員の方々にもテキーラにもっと興味を持ってもらえると嬉しいです。私もテキーラの美味しさを再確認しました。(バーテンダー/東京都I)
  • <焼酎部門>

    • 審査の感想を一言で言えば、とても楽しい体験でした! 焼酎の味わいや香りの幅の広さ、バリエーションの豊かさ、同じカテゴリーのものでも驚くほど違いがあり、新たに焼酎の魅力を知ることができ、嬉しく思っています。(バーテンダー/東京都I)
    • 私は米・麦・芋・黒糖焼酎の審査を行いましたが、それぞれ原料由来の香味がよく出ているため、個性が際立ち、洋酒部門にはない魅力、面白さを感じました。審査においては、蒸留や熟成過程を経ても原料由来の香味、発酵中に生まれる香味や味わいがしっかりと引き出されているかどうか、特に意識して行いました。審査結果には、納得するところもあれば評価にバラつきがあったのではないかと思う内容もあります。今後回数を重ねることで、面白い傾向がみられると感じています。(メーカー/鹿児島県K)
    • リモート審査がどの程度評価に影響したかわからないのですが、機会があったら通常の審査をして、審査終了後に様々な分野の専門家である審査員の感想を直接聞きたいと思います。これまで焼酎の鑑評会の審査に携わってきましたが、通常30 ~50アイテム、多い時は80アイテムを同時に審査してきたので、今回の10アイテム以内の審査はやりやすかったです。結果を見ると、香りが個性的だけれど嫌みはなく、特徴がはっきりしている焼酎が高得点になっていると思いました。(専門家/鹿児島県S)
    • 洋酒部門と違い、最高金賞を受賞しているものでも普通に酒屋で購入できる商品が多い点に驚きました。このような品評会があることで売場での接客に大いに役立っています。その道のプロがブラインドで評価した結果、高い評価を得たことは一般消費者に対しても分かりやすい指標の1つだと感じます。(酒販店/東京都N)
    • 洋酒部門の審査と比較すると、木樽で熟成していないお酒の難しさを感じました。原料や仕込みの違いによる個性は伝わってきますが、洋酒のようなダイナミックな違いが少なく、点数が微差になりがちでした。それでも、フラットな気持ちでお酒としておいしいか、バランスが良いか、といったことを考えて審査できたと思います。また、これまでお湯割り、水割りなど、焼酎を食事に合わせて楽しんでいましたが、今回の審査を機に、ストレートやロックで味わう焼酎にも可能性を感じ、もっと訴求してはどうかと思いました。(専門家/東京都H)
出品はコチラ