審査員一覧へ
画像
  • 洋酒部門
  • 焼酎部門

北村 一英

ウイスキーレクチャラー/ ウイスキー検定 1級・2級・SM級・JW級・BW級

質問TWSC審査の前後で、仕事やプライベート上での新しい気づきや変化はありますか
答え 審査を経験する前のテイスティングと今を比較すると、テイスティングに対する捉え方と緊張感が変わったと思います。第一回からの参加ですが、限られた時間の中で審査、しかもTVカメラの入る中での審査には自然と緊張感と集中力が高まりました。リモート審査では一人でじっくりできますが、緊張感を高めるためにどうするか?と考えて行う事で、普段のテイスティングもより楽しくなっていきました。
質問ブラインド審査時の感想や、心がけたことをお聞かせください
答え ブラインドでは銘柄がわからないため、先入観を外して審査する様に心がけました。何が出るのかという楽しみもあり、普段親しんでいる系統のフライトでは、逆により緊張したり、色々な考えがよぎったり…。ちょっと難しさがありました。
質問審査を通じて出会ったボトルで、印相的なエピソードを教えてください
答え 洋酒部門では、スタンダードな12年スコッチシングルモルト全般はやはり良いなと思います。ワールドワイドなジンも個性があってユニークでしたが、ニュージーランドのジンなどは特に印象的でした。受賞発表後には売り切れてしまっていましたが…。焼酎部門では非常に質が高いと感じたものもありましたし、スタンダードなものも質が高く、気軽に飲めるものが多いと思います。
質問結果発表後に受賞ボトルを購入、または飲食店などで飲まれましたか?またその時に感じたエピソードをお聞かせください
答え 気になって購入しました。受賞したものはやはり良いと感じます。
質問TWSCに対して期待していること、今後の課題を聞かせてください
答え 認知度がどんどん高まって、TWSCで受賞した製品の価値が高まっていく。審査を通じて、製品がもっとより良いものになっていく事を期待します。