審査員一覧へ
画像
  • 洋酒部門

樫出 浩雅

株式会社 漢方Kaon 取締役/文筆家/ 焼酎ナビゲーター

質問TWSC審査の前後で、仕事やプライベート上での新しい気づきや変化はありますか
答え あらゆるシーンで、積極的に色々な新しいお酒を試すようになり、さらに分析をしながら丁寧に飲むようになりました。
質問ブラインド審査時の感想や、心がけたことをお聞かせください
答え どんな香味のものを試す事ができるのか、ワクワクしながらも、自分の経験と知識を動員し、感覚を研ぎ澄ませて審査を行いました。自分の好みに囚われず、多くの人に喜ばれる商品を見出そうといつも考えています。
質問審査を通じて出会ったボトルで、印相的なエピソードを教えてください
答え 銘柄というよりも、日本のクラフトジンの多様性と将来性を強く感じました。
質問結果発表後に受賞ボトルを購入、または飲食店などで飲まれましたか?またその時に感じたエピソードをお聞かせください
答え 今まで飲んだ事のない受賞ボトルを試してみた時、独自のアプローチと共に、今後の可能性と個性を強く感じることができ、新たな未来が見えた気がしました。
質問TWSCに対して期待していること、今後の課題を聞かせてください
答え 海外も含め、多くのメディアに取り上げられるように広報に努めることで、認知度をアップさせ、多くのファンに利用しやすく、より権威あるアワードになると良いと考えます。